クッキー、ビスケット、サブレ。この3つの違いとは? クッキー、ビスケット、サブレ。この3つの違いとは?

クッキーとビスケット、実は違いはなかった?!

現役のクッキー職人の認識は?

ちなみにツマガリのパティシエたちに認識を聞いてみると・・・
「ひとくちにクッキーと言ってもさまざまで、絞り出して焼くような柔らかい生地もあれば、棒状にしてカットするもの、水分の多いもの少ないものなどいろいろあります。
サブレもバターの量や食感などでいちおう定義はされていますが、ここからがサブレ、ここまではクッキー、といった明確な線引きはないと思います」とのこと。

「イメージとしては、クッキーは厚みがあって上等なお菓子という感じがします。ビスケットには庶民的なイメージがありますね」
ふむふむ。現場では日本独自のクッキーとビスケットの違いを、イメージで感じとっているようですね。

アメリカでビスケットというと・・・

ところで、アメリカでビスケットというと、私たちの想像とはちょっと違うものが出てきます。よくフライドチキンに添えてあるような、かなり厚みがあって柔らかい、パンのような食べものです。

ケンタッキー州があるアメリカ南部が発祥で、塩気のあるソースやお料理と一緒にいただくのはもちろん、はちみつやジャムを添えればおやつにもなります。
イギリスのスコーンと見た目が似ていますが、スコーンと違って甘みがなく、食事に合うように作られているのが特徴です。

「ところ変われば品変わる」とは、まさにこのことですね!

呼び方からわかる、お菓子の背景

今やインターネットで海外とも簡単につながることができ、外国のお菓子も近所のスーパーで手軽に買えるようになりました。
昭和の頃は重要だったクッキーとビスケットの区分も、令和の今はほぼ役目を終えたような気もします。

いろいろな国で、独自にそれぞれの呼び名を獲得していった、愛すべき焼き菓子たち。その歴史や文化に思いを馳せながら楽しめば、いつものクッキーももっと味わい深くなりそうです。

おいしいお茶と焼き菓子で、万国共通の幸せなひとときを。

閉じる

オンラインショップ

ページトップへ

ご注文・お問い合せ

  • 営業時間:午前8:30から午後7:00
  • 定休日:水曜日、第1・3月曜日定休
定休日が祝日や振替休日にあたるときは、翌日を定休日とさせていただきます。

ご注文・お問い合せ

  • 営業時間:午前8:30から午後7:00
  • 定休日:水曜日、第1・3月曜日定休
定休日が祝日や振替休日にあたるときは、翌日を定休日とさせていただきます。

Online Shop オンラインショップ