クッキーをおいしく贈るなら個包装!の理由 クッキーをおいしく贈るなら個包装!の理由

お友達へのお礼に、ちょっとしたプレゼントに。手作りしたクッキーをどう包装するか、悩まれる方は結構多いのではないでしょうか。外側のラッピングは別として、できるだけ焼き立てのおいしさに近い状態で楽しんでもらうためには、お菓子は個包装するのが一番です。その理由や方法をご紹介します。

クッキーの風味を大切にするなら、個包装がベスト

クッキーの風味を大切にするなら、個包装がベスト

一番のおすすめは、一枚ずつ密封性の高い袋で。「そこまでは…」という場合でも、種類が異なるクッキーは、別々の袋で包装することをおすすめします。
なぜなら、せっかくのおいしい風味が混ざってしまうから。私たちがおいしさを感じるとき、一番左右されるのが「香り」。風邪を引いたときに食事がおいしく感じられないのは嗅覚が鈍くなっているからなのです。
チョコレートやナッツ、バタークッキーなど、丹念に作ったお菓子のいい香りを大切にするなら、個々の袋でお届けすることをおすすめします。

ヨーロッパの気候には、缶入りが適している

「でも、外国製のクッキーは、全部まとめて缶入りじゃない?」と思われた方も多いはず。たしかに、湿度がひくいヨーロッパでは、缶に詰めるのが一般的。湿度がひくい状態だとクッキーから出る匂い分子の量がすくないため、お互いの香りが混ざりにくいのです。しかしながら、湿度のたかい日本では、保存方法に工夫が必要です。

また、缶のフタを開けるたびに、クッキーが空気に触れてバターなどの油分が酸化しやすくなることも考えると、風味にこだわるなら、個別に袋詰めするのが安心です。

焼きあがったらすぐ冷まして、30分以内をめどに密封性の高い袋で

どこまでこだわるかはさておき、個包装の正しいやり方をご紹介しましょう。

  • クッキーが焼きあがったら、約30分ほど冷まします。
    扇風機などを使って、できるだけ早く温度を下げるのがポイント。冷ましてから袋詰めしないと、湿気によって菌が繁殖しやすい環境をつくってしまうので要注意です。
  • 密封性の高いビニール袋を用意します。
  • できれば、クッキーは1枚ずつ個包装で。もしくは同じ種類ごとにまとめて。見栄えは悪くなりますが、ラップで包んでから詰めるとさらに安心です。湿気をふせぐため、市販の乾燥剤を入れておくのもよいでしょう。
閉じる

オンラインショップ

ページトップへ

ご注文・お問い合せ

  • 営業時間:午前8:30から午後7:00
  • 定休日:水曜日、第1・3月曜日定休
定休日が祝日や振替休日にあたるときは、翌日を定休日とさせていただきます。

ご注文・お問い合せ

  • 営業時間:午前8:30から午後7:00
  • 定休日:水曜日、第1・3月曜日定休
定休日が祝日や振替休日にあたるときは、翌日を定休日とさせていただきます。

Online Shop オンラインショップ