クッキーギフトをさり気なく粋に。深まる秋編 クッキーギフトをさり気なく粋に。深まる秋編

相手に気を使わせずに、さらっと贈り物ができるって素敵ですね。さり気ないけれど、贈られた人の心がちょっと明るくなるような。
お中元やお歳暮といった大そうなものでなく、たとえば季節の移り変わりのなかでタイミングよく渡すことができればいいなと思います。

今回は、深まっていく秋を感じさせてくれる10月のイベントをご紹介。ついついギフトを贈りたくなってしまうかもしれませんよ。

ギフトのタイミング1
菊晴れ(10月13日~17日ごろ)

日本の旧暦七十二候に「菊花開く(きっかひらく)」という季節があります。そして、菊の花が咲くころに青空が晴れ渡るようすを「菊晴れ(きくばれ)」というのだそうです。

ギフトのタイミング1:菊晴れ

ギフトのタイミング1:菊晴れ

最近では、菊の花そのものは見かけなくなったものの、キク科のお花は意外にたくさんあります。菊晴れにかけて小さな花束とクッキーのギフト、粋な贈り物になりそうですね。

主なキク科の花と花言葉

ガーベラ
希望、常に前進
カモミール
逆境で生まれる力
コスモス
乙女の真心、謙虚
ダリア
華麗、優雅
デイジー
平和、希望
マーガレット
真実の愛、信頼

ギフトのタイミング2
お菓子の日(毎月15日)

毎月15日はお菓子の日。お菓子の神様をまつるお祭りが行われていたからだとか。

ギフトのタイミング2:お菓子の日

ギフトのタイミング2:お菓子の日

日本には、お菓子の神様をまつる神社がいくつかあることをご存知ですか?
なかでも有名な橘本神社(和歌山県海南市)には、古来より不老不死を与えるというタチバナの木があって、その実を加工して食べていたのがお菓子の始まりと言われています。タチバナは、ミカンの原種。花が咲くとシトラスのさわやかな香りが印象的ですが、その実はどんなお味だったのでしょうか。

そんな昔ばなしも交えて、おいしいクッキーを手渡されると、「それなら、今日のうちにいただくわ」とにっこりしてもらえるかもしれませんね。

ギフトのタイミング3
ボスの日(10月16日)

日本でもメジャーになってきたボスの日は、アメリカ発祥の記念日。職場の上司に日ごろの感謝と尊敬の気持ちをこめて、お菓子や花束を贈る日です。

もともとは、ある女性が、尊敬する経営者である父の誕生日に贈ったことが始まり。経営者の仕事や責任の重さを理解しようと若いスタッフたちに働きかけたことだったようです。

ギフトのタイミング3:ボスの日

ギフトのタイミング3:ボスの日

もし職場のボスにみんなで「ありがとう」を伝えたいなら、このタイミングでどうぞ。立派なギフトでなくても大丈夫。責任を負う立場になるほど褒めてもらえる機会は少なくなるものですから、きっと心に残るギフトとなるでしょう。

閉じる

ページトップへ

ご注文・お問い合せ

  • 営業時間:午前8:30から午後7:00
  • 定休日:水曜日、第3月曜日定休
定休日が祝日や振替休日にあたるときは、翌日を定休日とさせていただきます。

ご注文・お問い合せ

  • 営業時間:午前8:30から午後7:00
  • 定休日:水曜日、第3月曜日定休
定休日が祝日や振替休日にあたるときは、翌日を定休日とさせていただきます。

Online Shop オンラインショップ